そもそも、消費者金融って何?

businesswoman3_question消費者金融とは、個人への金銭の貸付け(小口融資)のことです。また、貸金業業者、特に一般の個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業の業態を指すことがあります。

消費者金融と聞くと、闇金やサラ金のことをイメージする方も中にはいるかもしれません。サラ金とは、サラリーマン金融のことで、消費者金融の昔の呼び方です。

しかし、闇金は法律を無視してお金を貸している業者のことをいいます。テレビドラマや漫画でよくある、チンピラのような男たちが取り立てに来て脅しのように返済を迫るのはほぼ闇金です。

どちらもお金を貸しているので混同されがちですが、消費者金融と闇金は全く違います。

お金を借りる=闇金の怖い人たちが取り立てに来るというのは間違ったイメージです。きちんと法律を守っている消費者金融であれば、違法な取立てなどなく便利にお金を借りることができますので安心してください。

銀行カードローンと消費者金融の違いは?

お金を借りる際、アコムやプロミスなどの消費者金融と、みずほ銀行や三菱UFJ銀行(バンクイック)などの銀行カードローンがあるけど、どんな違いがあるの?と思っている方もいるのではないでしょうか。こちらでは、消費者金融と銀行カードローンの違いをご説明します。

icon_5p_1921 銀行カードローン

・金利が低めの設定になっています
・総量規制の対象外です
・一般的に、審査が厳しいといわれています

銀行カードローンは、金利が低めに設定されていることが多いです。上限金利で比べてみると、消費者金融は18%ほどですが、銀行カードローンは14.5%ほどで借りられることが多いです。

また、銀行カードローンは総量規制の対象外です。総量規制とは、年収の3分の1以上の借入ができないように規制する貸金業法という法律です。例えば、年収が300万円の方の場合、3分の1にあたる100万円以上は借入ができません。この総量規制は消費者金融のみに適用されます。

しかし、銀行カードローンは銀行法が適用されるため、この総量規制規制は適用されません。

そのため、高額な借入や消費者金融では総量規制の対象になってしまい、お金を借りることができなかった方でも借入が可能です。

このように聞くと銀行カードローンで借りる方がいいような気がしてきますが、もちろんデメリットもあります。一般的に消費者金融より銀行カードローンの方が審査が厳しいといわれています。

atm_thumbnail1 消費者金融

・即日でお金を借りることがでます
・無利息期間のある消費者金融もあります
・審査が比較的ゆるいといわれています

消費者金融の一番のメリットは、審査のスピードが早いことです。平日のお昼(14時ごろ)までに申込み・審査を終えることができれば、ほとんどの場合即日でお金を借りることができます。

銀行の場合は自社で審査を行なわずに保証会社に委託していることがほとんどですので、審査に時間がかかり、即日で借入をするのは難しいです。

また、無利息期間がある消費者金融もありますので、通常よりもお得にお金を借りることができます。

しかし、消費者金融の金利は銀行よりも高めに設定されていることが多いです。そのため、長期での借り入れには向いていないといえるでしょう。

 

消費者金融と銀行カードローンではどちらがいいの?

上記のように、銀行カードローンや消費者金融にはメリットもデメリットもあります。とにかく金利をおさえたい・総量規制に引っかからないように借り入れをしたいという方は銀行カードローンがおすすめです。また、すぐにでもお金を借りたいけど、長期の借り入れは考えていないという方は消費者金融がおすすめです。

このように、今の状況をよく考慮し、自分に合った方を選択しましょう。