専業主婦の場合

キャッシングというと、収入がない場合は申込みができないのでは?とお思いの方もいると思います。しかし、実は収入のない主婦でも利用できるキャッシングのサービスがあるんです!

配偶者貸付でお金を借りることができます

収入の3分の1以上の借入ができない総量規制の例外として存在しているのが、配偶者貸付です。この配偶者貸付を利用すれば専業主婦でも夫の年収の3分の1に限り消費者金融からお金を借りることができます。

ただし、配偶者貸付を利用するためには以下のものを用意する必要があります。

・配偶者の同意書
・婚姻関係を証明する書類(住民票や戸籍抄本)
・配偶者の収入を証明する書類(収入証明書など)

手続きが複雑だったり、必要書類が多いので配偶者貸付を行なっているところは少ないですが、専業主婦にとってはうれしいサービスですね。

銀行カードローンを利用する

年収の3分の1しか借入ができない総量規制ですが、銀行系カードローンには適用されません。銀行系カードローンの場合は貸金業法ではなく、銀行法が適用されるからです。

しかし、銀行系カードローンはそれぞれの銀行が独自に審査基準を設けているので、消費者金融より審査が少し厳しいといわれています。