column22

銀行カードローンとは、三菱UFJ銀行や三井住友銀行など、銀行そのものが提供しているカードローンのことをいいます。
一方、銀行系カードローンは銀行そのものではなく、銀行のグループに属する消費者金融のカードローンと銀行カードローンを含めたもののことをいいます。
たとえば、アコム(株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ)やプロミス(SMBCグループ)が銀行系カードローンにあたります。

crown022銀行系カードローン(消費者金融)のメリット

  • メガバンクのグループ会社なので、安心感があります
  • 同じグループ会社のATMや、提携しているコンビニATMを利用できます
  • 無利息期間があったり、同じグループの銀行口座を持っていれば、審査通過後すぐに振込みキャッシングができたりと、サービスが充実しています

1215銀行カードローンのメリット

  • 金利が低めに設定されています
  • 総量規制(年収の3分の1以上の借入が出来ない)の対象外です
  • 借入限度額が最大500万円~1000万円と、消費者金融より高いところが多いです

 

銀行系カードローンは総量規制の対象になる?

0-25総量規制とは?

総量規制とは、債務者への過剰な貸付を防ぐために、年収の3分の1以上は借り入れが出来ないように定めた規制のことです。例えば、年収が300万円の方なら100万円以上の借り入れができないのです。
この総量規制は、消費者金融・信販会社・クレジット会社からの借り入れが対象になります。

icon_5p_1921銀行カードローンは総量規制の対象外

年収の3分の1以上の借り入れが出来ない総量規制ですが、対象外のものもあります。それは、住宅ローンサービスや、銀行が提供しているカードローンです。消費者金融は貸金業法という法律が適用されるため、総量規制の対象になりますが、銀行の場合は銀行法という法律が適用されるため、総量規制の対象外になります。そのため、銀行側が「返済能力に問題がない」と判断した場合、年収の3分の1以上の金額でも借り入れを行うことが出来るのです。

 

銀行系カードローンの融資を即日で受ける方法

銀行のカードローンというと、審査が厳しいというイメージがあるかもしれません。しかし、銀行系カードローンでも即日で融資をしてもらえるところもあります。

0-60どのように選んだらよいか?

①即日融資が可能なカードローン・キャッシング会社を選ぶ

まずは、即日融資を行っている業者を選んで申し込みをしましょう。業者によっては、インターネットで申し込めば最短30分で審査回答をしてくれるところもあります。契約を無人機で行えば、最短即日でカードを発行することが出来ます。

②収入証明書なしでも借りられる金額に注目する

消費者金融の場合、収入証明書なしでも50万円以内なら借りられるところが多いです。一方、銀行のカードローンの場合、収入証明書なしで200万円~300万円まで借り入れができるところもあります。収入証明書は準備するのに時間がかかりますので、もし大きい金額の借り入れを考えているなら、銀行カードローンを利用しましょう。

銀行とちがい、銀行系カードローンは審査が甘いって本当?

銀行のカードローンは一般的に審査が厳しいといわれています。一方、銀行系カードローン(消費者金融)は銀行に比べて審査が甘いといわれることが多いです。
しかし、どちらも厳しい審査が行われており、どちらが審査が甘いかというのはあまりあてにならない情報です。

0-96 ブラックでも借りられる?

カードローン審査には明確な基準が公開されているわけではありませんが、以下の場合に当てはまる方は、審査に通りにくいといえます。

①信用情報に傷がある(ブラックになっている)
②他社からの借り入れが多い
③勤続年数が短く、年収も100万円以下

信用情報にキズがついていることを、俗に「ブラックになっている」という言い方をする場合があります。このブラックになっている人というのは、過去に債務整理や長期延滞をしたことがある人のことをいいます。このようにブラックになってしまうと、審査に通らなくなってしまいます。
また、他社からの借り入れがある場合でも、借り入れをしている業者が多数ある場合は審査に通りにくいといえます。
その他にも、勤続年数や収入もポイントになってきます。転職したばかりの人よりも長く勤めている人のほうが審査は有利ですし、年収も100万円未満の人は審査に通らない可能性もあります。

mark_warning021「審査が甘い」「審査がゆるい」という業者は闇金の可能性が!

「審査が甘い」「審査がゆるい」とうたっている業者をたまに見かけます。何件も借り入れをしている人や、転職したばかりで勤続年数が短い人は審査が心配で、ついこういった業者に申し込みをしてしまいがちです。しかし、こういった業者は違法な金利で貸付を行う闇金融の可能性が高いですので、絶対に申し込みをしないようにしましょう。

 

銀行系カードローンの保証会社とは?

銀行系カードローンの申し込みをする際、「指定の保証会社○○の保証を受けられる方」という項目があります。この保証会社とは、一体何のことなのでしょうか。
保証会社とは、担保や保証人を不要とする代わりに、銀行への保証を行う会社のことです。

envelop_paper1 保証会社の役割はどんなもの?

①銀行にかわって審査を行う

カードローンを利用するときには、必ず審査が行われます。具体的には本人確認、職場への在籍確認、信用情報機関で過去に延滞や債務整理をしていないかどうかなどを調べられます。銀行系カードローンの場合、このような審査を保証会社である消費者金融や信販会社が行います。

②延滞時の催促

返済が遅れてしまった場合、メールやはがき、電話などで督促が来ることがありますが、こういった連絡も保証会社が行っています。銀行に代わって消費者金融が督促を行いますが、取立てが厳しかったり、怖い思いをすることはありませんので安心してください。

③返済されない場合の代位弁済

滞納が長い期間続いたり、返済が出来なくなってしまった場合、債権が保証会社に移ります。保証会社が利用者に代わって銀行に弁済をし、裁判になった場合も銀行ではなく保証会社と利用者との間でやり取りが行われます。

0-67銀行系カードローンの保証会社一覧

 銀行カードローン 保証会社
三菱UFJ銀行 アコム株式会社
セブン銀行 アコム株式会社
新生銀行 レイク(株式会社新生フィナンシャル)
住信SBIネット銀行 プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
みずほ銀行 株式会社オリエントコーポレーション
イオン銀行 イオンクレジットサービス、株式会社オリックス・クレジット

 

銀行系カードローンの審査基準は?どうすれば審査に通りやすくなる?

カードローン・キャッシングを利用する際には、必ず審査があります。一般的に、安定した収入があること・年齢条件(20歳以上66歳未満)・他社から複数の借り入れがないことなどが審査で重要になってきます。しかし、この他にも審査に通りやすくするためのポイントがいくつかあります。

0-12審査に通る為に必要なコツ

①記入間違いをしない・正確な情報を記入する

ついうっかり記入ミスや記入間違いをしてしまった場合でも、審査する側から「うその情報を記入した」と判断されてしまう可能性があります。また、年収を実際より高く書いたり、勤続年数を長めに書くこともNGですのでやめましょう。

②限度額は少なめにする

少しでも多くのお金を借りたいという気持ちから、必要以上の金額を申し込んでしまうことがあります。しかし、金額が大きければ大きいほど審査が慎重になりますので、まずは本当に必要な額だけ申し込むようにしましょう。

③申し込みは1社にしぼる

一度に複数社の申し込みをする方がいますが、これはやめましょう。複数社の借り入れがあると、それだけ返済先が増えると判断されるため、返済能力が低いと捉えられてしまいます。また、金融業者は信用情報機関を通じて申込者がどこから借り入れをしているか、どこに申し込みをしているかをすぐに知ることが出来ますので、注意が必要です。

 

オススメの銀行カードローンはこちら

bank